2018年 ビットコインキャッシュの可能性

2018年 ビットコインキャッシュの可能性

クリプトおかま
おかまちゃんのブログへようこそ。バーのお客さんに昨日絡まれたわよ!!私が少しハゲてきてるって馬鹿にするから注意したらこれよ!嫌になっちゃうわよね〜。

みんな、ビットコインキャッシュが下がってて、不安な方も多いようね。私は2018年可能性が高いと思ってるわ。

それでは2018年頭皮の可能性、2018年ビットコインキャッシュの可能性を見ていくわよ〜!!

 ビットコインより優れている技術

ビットコインキャッシュ(BCH)にはいくつかの特徴があります。ビットコインと比較し改良され優れている点を解説していきます。それではビットコインキャッシュ(BCH)の特徴についてみていきましょう。

 

通貨名 Bitcoin cash
通貨略号 BCH
公開日 2017年8月
供給量 2100万枚
アルゴリズム  POW
公式サイト ビットコインキャッシャ公式サイト
取り扱い ザイフビットフライヤー

 

 1. ブロックサイズが8MBであること

ブロックサイズとは、一定時間のビットコインの取引記録をまとめて入れておく箱のようなものです。この箱がビットコインは1MBでした。ビットコインキャッシュ(BCH)はこの8倍のブロックサイズを持っています。

ブロックサイズが拡大したことで、取引を処理できる量が増えたので、送金などより実用的に使うことができるようになりました。

 2. 難易度調整アルゴリズム DAA

ビットコインキャッシュ(BCH)では、新しい難易度調整プログラムを採用しています。取引をブロックにして承認するマイニングは、ハッシュ計算等を行っていますがこの計算の難易度はアルゴリズムによって調整されています。

その難易度調整アルゴリズムに DAA(Difficulty Adjustment Algorithms)が採用されており、急激な難易度の調整が起こらず安定させることができます。それによりマイニングが安定的に行われる事で価値の変動を無くすことができる。

 3. リプレイプロテクションの実装

ビットコインキャッシュ(BCH)は、リプレイプロテクションを実装しています。リプライプロテクションとは、リプレイアタックを防ぐことができる機能です。

リプレイアタックとは、ブロックチェーンが分岐したときに起こる問題で、元のチェーンと分岐したチェーンに送金情報を送ることで、資産を倍増させる不正な行為のことです。

リプレイプロテクションは、このようなリプレイアタックを防止することができる仕組みです。ビットコインキャッシュ(BCH)はリプレイプロテクションを実装しているため、ハードフォークが起こってもリプレイアタックをされることがないのです。

ビットコインキャッシュ基軸通貨の取引所

ビットコインキャッシュ取り扱い所

ビットコインキャッシュを基軸通貨とする取引所が3つできました。

BCH基盤で取引できるようになった事は非常に大きい事です。ほとんどの取引所はビットコイン、イーサリアム、現金基軸の取引所です。

そこにビットコインキャッシュ基軸の取引所が3つも出来た事により取引が活発化する事により需要が高まります。ビットコインとイーサリアムの現状を見れば分かりますよね。

 

 拠点取扱通貨数取引所順位
OKEx香港約160種類5位
KuCoin香港約100種類35位
CoinExイギリス11種類95位
  • OKEx
    ・分裂した通貨の取り扱い対応が早い
    ・全取引所の中で取引高世界一
  • KuCoin
    ・取引画面が日本語対応
    ・上場通貨を投票で決定する
  • CoinEx
    ・ビットコインキャッシュの取引がメインとなる取引所

 

 ビットコインキャッシュ 最新の動向

 ショートメッセージ送金

2018年 ビットコインキャッシュの可能性

コインテキストという、ショートメッセージ(SMS)だけでBCHを送金できるサービスが、2018年3月より開始される予定です。

仮想通貨は、取引所やウォレットを持っていないと送受信ができませんが、BCHはネット回線すら不要で電話回線さえ持っていれば送金しあえる画期的なサービスです。

BCHがSMS送金サービスを打ち出したのは、BCHがアフリカなどの発展途上国での普及を狙っているから言われています。対象のターゲットは約10億人と言われています。

 

 デビットカード発行

 

 ビットコインキャッシュ ザイフ

 

仮想通貨の先駆者と言われるロジャーバー氏がビットコインキャッシュ(BCH)が使えるデビットカードを発行することを発表しています。

単純に見たとき、めちゃめちゃかっこいいいい!と思いました。

デビットカードを発行することで、実際の生活の中でビットコインキャッシュ(BCH)がさらに使えるようになるのです。決済領域の後押しになるためビットコインキャッシュ(BCH)がさらに決済で使われる場面が増えてくるかもしれません。

ビットコインキャッシュは、界隈の著名人にファンが多く、「ビットコインキャッシュがナカモトサトシの意思を継いだ本物のビットコイン」だという声も多くありますね。

 

 ビットコインキャッシュ 今後の計画

ビットコインキャッシュは、複数開発チームがありそれぞれのチームが連携し開発を行っている状況。チームがビットコインキャッシュの2018年のロードマップを発表している。

 

Bitcoin ABC – 中期開発計画

この声明の目的は、Bitcoin ABCプロジェクトの中期計画(次の6〜12ヶ月)を伝えることです。

Bitcoin ABCの開発者は、Bitcoin Unlimited、Bitprim、nChain、Bitcrust、ElectrumX、Parity、Bitcoin XTなど、いくつかのプロジェクトの開発者や代理人と協力してコミュニケーションしています。これらは独自の開発プロセスと優先順位を持つ独立したプロジェクトですが、私たちはBitcoin Cashを推進する共通のビジョンを共有しています。Bitcoin ABCの計画は、この共通のビジョンと一致しています。

Bitcoin Cashの最優先事項は、これを素晴らしい形のものとして改善し続けることです。私たちは、低価格で迅速な成長のために、より信頼性と拡張性を高めたいと考えています。それは合併症や混乱なしに、 “ちょうど”働くべきです。これは、メインストリームユーザーがグローバルに採用する準備ができており、企業が信頼できる強固な基盤を提供する必要があります。

2番目の目標は、安全なときに機能を強化することです。これらの機能がプライマリマネー機能を損なわない限り、タイムスタンプ、代表トークン、より複雑なトランザクションスクリプティングなどのユースケースを容易にすることができます。

私たちが取る予定の次のステップは次のとおりです。

  1. Median Time Pastがタイムスタンプ1526400000(2018年5月15日)に達したときにプロトコルのアップグレードをスケジュールし、Median Time Pastが1542300000(2018年11月15日)に達したときに6ヶ月後にアップグレードします。

  2. アップグレードの3か月前(2018年2月15日)までに、アップグレードに含まれるコードと機能を確定します。

  3. 次回のアップグレードで暫定的に計画されている機能の一部は次のとおりです。

    • デフォルトのブロックサイズ制限を増やし、適応ブロックサイズ制限に向かう

    • 正式な取引注文に向かって移動します。おそらく最初のステップとして取引注文のコンセンサスルールを削除します。

    • 改良された難易度調整アルゴリズム

    • 一部の非アクティブ化されたオペコードを再アクティブ化し、プロトコル拡張ポイントの追加に移行して、将来のオペコードのアップグレードを容易にする

 

ポイント
ハードフォークを2018年5月、11月に予定している。
ブロックサイズ引き上げと同時に、最適なブロックサイズを模索する。
難易度調整アルゴリズム(DAA)の改良する。

 

2018年 ビットコインキャッシュの可能性

クリプトおかま

仮想通貨界で権威をもつ有識者までもが、2018年はビットコインキャッシュ(BCH)の年になると発言してるわね。5月と11月のハードフォークの時は値段上がりそうね!

今、仮想通貨業界が低迷してるけどビットコインキャッシュにとってはチャンスよ!ビットコインキャッシュを支持する有識者、フォロワー、取引所が多く、仮想通貨業界を牽引していく可能性を秘めているのはビットコインキャッシュしか無いんじゃない?ぜひ基盤が変わって仮想通貨業界全体の起爆剤になってほしいわね。実生活にビットコインキャッシュが使われる世界が来ることを私は楽しみにしてるわ!ビットコインキャッシュ買うなら手数料が安いザイフ一択!登録まだの方はしときなさいよー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください