仮想通貨投資を始める前に知るべき事

今回は、 仮想通貨投資を始める前に知るべき事 を紹介していきます。

大事な内容ですから、しっかり覚えてくださいね。それじゃイクわよ!!

 

 仮想通貨とは?

仮想通貨とは一言で言うと「インターネット上の通貨」です。

仮想通貨とは、IT技術を利用し発明された通貨のこと。見る事も手にとる事もできない、形のない通貨です。世界中で支払い出来る店舗が増加中で、不動産、小売店舗、飲食店でもインフラが広がって来ています。

そんな中、仮想通貨の代表的なものが「ビットコイン(bitcoin)」です。2017年にはニュースで大きく取り上げられ認知されてきていますよね。現在の日本では主に投資・投機目的で用いられています。リアルタイムで変動する相場で円やドルなどと交換することができる仮想通貨は、通常の為替取引と同様に、日々実際の通貨と取引されています。

仮想通貨が、法定通貨や電子決済と違う理由を述べていきます。

 仮想通貨の仕組みと特徴

理解する為に上記の画像を頭に入れて頂くと理解が深まります。

 

 ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは一言で言えば「取引履歴」になります。
ビットコインの通貨をどのアドレスからどのアドレスに送ったということが記録されている履歴(データベース) ということになります。
そして、そのデータは銀行などと異なり1つの場所に保存されるのではなく、取引記録は世界中のネットワークに参加しているコンピュータに分散されて保存されていきます。

ブロックチェーンは、取引記録を一つのブロックにまとめて、そのブロックをチェーン(鎖)のようにつなげて保存したものになります。
チェーン状に繋げることによって、のちにデータを変更、改ざんすることが実質不可能になります。

鎖のようにというのは、 一つ前のブロックのハッシュ値を次のブロックの中に含めているからそう呼ばれます。このハッシュ値が改ざん対策として利用されています。
でハッシュ値って何?ってなりますよね。その気持ちよくわかります。

ハッシュ値とは?

任意のデータ →(変換)→ 一定の長さのデータ になる値です。
元となるデータをちょっと変更すると、変換後のハッシュ値は全く違ったデータになりますプログラムも、文書も、画像なども、コンピュータのデータはすべて 0 と 1 からなる数値で記録されている。そこで、その数値を一定の法則でギュッと短くして同じ長さに揃えたものをハッシュ値という。このハッシュ値が、仮想通貨の改ざん対策に利用されている。

 P2P決済が出来、非中央集権とは?

日本で使用しているお金は日本銀行が発行しています。十円玉などのコインは補助硬貨という位置づけで国の政府が発行しています。日本銀行が紙幣を発行→私たちが使用→納税、返済→政府、銀行そして、日本銀行に回収されるサイクルになっています。円は日本銀行という信用の上で成り立っているという事になります。そこで銀行に私たちが手数料を払い成り立っていると言う事です。

そしてビットコインは国や銀行で管理される訳ではなく、コンピュータープログラムに沿って発行されており、ユーザー間の相互信用で成り立っている通貨になります。その為仮想通貨は、非中央集権であると言われます。
国や企業が管理しない代わりに、世界中のみんなのコンピューターネットワークP2Pを利用して通貨を管理する仕組みとなっています。

P2Pとは?
Peer to Peer(ピア・トゥ・ピア または ピア・ツー・ピア)とは、複数の端末間で通信を行う際のアーキテクチャのひとつで、対等の者(Peer、ピア)同士が通信をすることを特徴とする通信方式、通信モデル、あるいは通信技術の一分野を指す。

マイニングとは?

マイニングとは二重払いや不正を防ぐため、過去の取引履歴のデータの整合性を取りながら 取引の承認・確認作業を行うことをマイニングと言います。マイニングが行わなければビットコインを送ることができず、ビットコインの仕組みを維持するためには必要不可欠な作業です。また、マイニングを行う人のことをマイナーと呼びます。

金を掘る作業に似ている為、マイニング(採掘)と呼ばれています。
実際にはコンピュータで取引をチェックし、ブロックチェーン取引台帳に追記していく作業のことです。
具体的には送金情報を送った人が正しい保有者なのか、重複して使用していないかなどを検証しています。

この追記作業を行うには、計算問題を解く必要があり、マイナーたちは競ってその問題を解くためにコンピュータを使って計算処理します。結果として1番最初にブロックを追加することに成功したマイナーに報酬が支払われることになります。

概要動画

ポイント ブロックチェーンを使用している
 P2P取引が出来、非中央集権である
 マイニングにて確認、承認作業を行う

 将来性 メリットとデメリット

メリット

1.個人間送金。国境のない通貨になり得る

国が違えば、法定通貨も違います。他国に旅行に行く際その国の通貨に両替しなければいけません。    反面ビットコインには国境がなく、両替のことを考えずに簡単に利用することができます。人と人とで繋がる事ができるという事です。

2. 送金時間、手数料が安い

ビットコインは銀行システムとは違い、週末・祝日・時間に関係なくいつでも送金可能です。
送金が完了するにはブロックチェーンによる「確認」作業が必要でブロックチェーンの混み具合によりますが、10分から1日程度の送金時間になります。

手数料に関してはブロックチェーンの混み具合により送金手数料が前後します。

ビットコインの場合

送金間 送金額 手数料 手数料率(%)
日本⇒日本 100,000円 500円 0.5%
日本⇒海外 100,000円 6000〜8000円 6%〜8%
Bitcoin⇒Bitcoin 0.1BTC 1000〜3000円 1〜3%

*送金時間の不安定、手数料高騰があります。上記は目安とお考えください。

 

3.投資としてまだまだ儲かる可能性が高い

https://mtre.jp/structure/wp-content/uploads/0119b.jpg
引用
株式会社ジャストシステムは、Marketing Research Campにおいて、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して行った「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年12月度)」の結果を公表した。
調査期間 : 2017年12月28日(木)~2018年1月4日(木)
調査対象 : 15歳~69歳の男女1100名

上記の結果のように仮想通貨は、認知度は年末にかけて上昇したが懐疑的な見方をされている方が多いと思います。
プレーヤーがまだまだ少ない為、早期参入者は儲かる可能性が高いと私は思っています。

デメリット

1.各国の規制

これが一番のデメリットでしょう。
国が認めた通貨でないということは、信用性を後ろ盾するものがないということです。中国がビットコインの取引を停止させる方向で動いたとき、ビットコインの価格は大きく値下がりしました。日本に関しては寛容ですが、各国この先どうなるかは分かりません。政治的リスク等で、価格が大きく動くのは。。。という抵抗はありますよね。私も怖いですw😅ですので余剰資金で投資する事をおすすめします。またNEWSを毎日チェックするようにしましょう。

おすすめNEWSサイト Coin desk
Bitcoin NEWS

2.決済場所が少なくインフラが現在十分ではない

まだまだ仮想通貨業界自体が普及段階であり、インフラが整ってると言える状態ではありません。ただ、大手企業が参入してきておりますし、新たな世界の大企業の参入情報も多く出ていますので今後更に期待が持てます。

 最後に

仮想通貨投資を始める際、まず最低限知っておくべき事を紹介しました。
購入の準備はもうされましたか?国内取引所は、登録し取引出来るまでに(ハガキの到着に)10日間程時間が掛かります。
その為まずは取引所の登録を行うようにしましょう!取引所の登録は無料で簡単ですので、下記で紹介する取引所は開設しておくことをおすすめしておくわよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください