なぜ2018年にLiskを購入するべきか!

今回は なぜ2018年にLiskを購入するべきか! を解説していきます。

仮想通貨Liskの基本情報

Liskは、開発者がサイドチェーンの上に独自のdappを作成できるブロックチェーンプラットフォームです。JavaScriptで書かれたこのネットワークは、簡単にアクセスできるように設計されており、ユーザーがカスタムアプリケーションを簡単に作成できるように設計されています。

そしてマイクロソフトと提携し有名企業からも注されている仮想通貨です。

マイクロソフト提携 Risk

Lisk(リスク)は、Liskフレームワーク上に構築されたdapps内の手数料や資金提供に使用されます。現在時価総額上位30の暗号化通貨の1つであり、注目を集めていますが特徴を把握し今後を分析する為にメリット、デメリットを解説していきます。

 Liskの特徴 メリット

  • JavaScriptベース。Bitcoinコアは主にC ++で書かれ、EthereumはSolidityで書かれていますが、LiskはJavaScriptで動作します。これの利点は、JavaScriptが広く普及しており、世界中で使用されていることです。これにより、プラットフォームがプログラマの巨大なプールにまで広がっています。
  • 大量採用を念頭に開発されました。LSKはLiskネットワーク上でタスクを実行するために使用されるため、プラットフォームの普及はトークンの需要を増加させるはずです。Liskは普及の機会を最大限に生かすように設計されており、ユーザーフレンドリーで開発者がアクセスしやすいように設計されています。
  • 開発者のためのコントロール。Liskのネットワークは、開発者や企業が独自のサイドチェーンに展開できるアプリケーションを作成できるように設計されています。これはLiskインフラストラクチャと統合するように設計されていますが、開発者がプロ​​ジェクトを最大限に制御できるように設計されています。
  • 需要と供給。dappsを作成しようとしているプログラマーにとって、プラットフォームが一般的な選択肢になることができれば、トークンの需要が増加する可能性があります。
  • 新しいデスクトップやWebアプリケーションのリブランディング。2018年2月、リスクはベルリンでのイベントで公式なリブラディングを発表しました。新しいウェブサイトやロゴだけでなく、Lisk Academy(ブロックチェーン技術の可能性について一般の人々に知らせることを目的としたプロジェクト)とLisk Hub(Liskを管理するためのデスクトップアプリケーションとブラウザインタフェースID、LSKトークンにアクセスして送信し、代理人に投票する)。

SDKの完全リリース。LiskのSidechain Development Kit(SDK)のアルファ版には、開発者がニーズに合わせてカスタマイズしたブロックチェーンアプリケーションをプログラミングするために必要なすべてのモジュールが含まれています。アルファリリースは2018年4月に予定されています。

 Liskの特徴 デメリット

  • 採用目標を達成できていない。Liskの価格は、プラットフォームが使用するレベルに密接に関連しています。それが企業にとって人気のあるブロックチェーンの選択肢になれば、これはLSK価格に影響を与える可能性があります。
  • 競争。dappsの作成のためのBlockchainプラットフォームと言えるまでには現状達していません。プラットフォーム系で言えば、現在時価総額2位のEthereumであり、LiskはNEO、EOSなどのプラットフォームとの競争にも直面します。
  • 開発状況。Liskのサイドチェーンの開発中です。サイドチェーンが完全にリリースされ、それがどの程度機能するのか知ることができるようになるまで、LSKの価格に将来がどのようなものかを取り巻く不確実性が引き続きあります。
  • 遅延。LiskのSDKのリリースとプロジェクトのリブランディングプロジェクトは、開発の遅れが一部の開発者やLSK保有者に不安を与えました。

 Liskを購入できる取引所

国内で取引できる取引所は現在2つの取引所になります。国内最大のビットフライヤーと、コインチェックになります。特徴を載せておりますので参考にして見てください。

 ビットフライヤー

Lisa ビットフライヤー仮想通貨 購入方法

おすすめポイント

  • 国内で1番大きい取引所で倒産リスクが少ない
  • ビットコインFXならビットフライヤー
  • サーバーが強く操作性が良い

 コインチェック

コインチェック仮想通貨 LisK

おすすめポイント

  • スマホで簡単に仮想通貨が売買できる
  • 取り扱い通貨が国内取引所で最大の12種類
  • 手数料が高い

 

 2018年  Liskのロードマップ

Lisk ロードマップ仮想通貨

 

Techのアップグレードや開発は、価格に大きな影響を与える可能性があります。今後Liskのロードマップの状況で価格に影響を与えるイベントを解説していきます。2018年の重要なイベントは次のとおりです。

2018年ロードマップ

  • リスクJSとリスキー。4月末の予定で、これらはLisk SDKの2つのコアコンポーネントです。JSはモジュール化と暗号化を追加し、リスキーは開発者の自動化とスクリプト作成を支援するためのコマンドラインインターフェイスラッパーです。
  • 分散型交換。2018年10月の完成予定で、この交換はLiskメインチェーンを通じてサイドチェーン間のトークンの転送を可能にすることを目的としています。
  • カスタムトークン。2018年6月末までに、開発者はLiskプラットフォームでカスタムトークンを作成できる。
  • Dappの登録。2018年6月末に予定されており、ユーザはLiskプラットフォームにカスタムされたdappを登録することができます。
  • サイドチェーン引き出し/デポジット。Liskプラットフォームでサイドチェーントークンを回収して入金する機能は、2018年10月に予定されています。

 リスクの競争相手

Liskは、dappsの作成と展開のために開発された他のプラットフォーム系の仮想通貨と競争しなければいけません。Liskの競合する仮想通貨プロジェクトは次のとおりです。

  • イーサリアム(ETH)現在のdappsの王道と、時価総額2位のEthereumは、開発者が優れており、初期から開発され先行利益がある、という大きな利点があります。しかし、スケーリングの問題を克服するための努力は、将来の成功に不可欠です。
  • ネオ(NEO)いわゆる「Ethereum of China」は、2014年に発売されて以来、多くの誇大宣伝を受けています。「ブロックチェーン技術とデジタルアイデンティティを使用して資産をデジタル化し、スマートな契約を使用してデジタル資産の管理を自動化し、 「スマートな経済」と分散したネットワーク。
  • カルダノ(ADA)2017年に開始されたCardanoは、独自の階層化アーキテクチャを使用して拡張性とセキュリティを強化することを目的としたスマートな契約プラットフォームです。
  • イオス(EOS)Ethereumのユーザーフレンドリーでスケーラブルなバージョンを目指して構築されたEOSは、商業規模のDAPをサポートするように設計されています。
  • クアンタム(QTUM)ビジネスのためのブロックチェーンプラットフォームであるQtumは、ビットコインのブロックチェーンとEthereumのスマートな契約を結びつけています。その主な焦点はスマートコントラクトのビジネスアプリケーションであり、このプロジェクトはシンガポールのQtum Foundationによって支援されています。
  •  ウェーブス(Waves)2016年6月にリリースされたWavesは、ユーザーが独自のcryptocurrenciesを作成してダップを構築できるプラットフォームです。
  • ストラティス(STRAT)Stratisは、2016年8月に開始され、企業がブロックチェーン技術を採用できるようにエンドツーエンドのプラットフォームを提供することを目指しています。

 2018年Lisk将来性、価格分析

Liskはユーザーに優しい設計で可能な限りアクセスがしやすい仮想通貨を目指して構築されているという事実です。新しい独自の言語を作成する代わりにJavaScriptを使用することで、Liskは世界中の何百万人ものプログラマーにまで開放されています。

価格動向

価格 LISK 仮想通貨

上記は、2017年からのLISKの価格になります。価格が上がった際のポイントは以下になります。

ポイント仮想通貨業界が盛り上がる
取引所への上場
Liskの開発

 

価格に影響を与える直近の重要な開発は、Lisk SDKのフルリリースとなるでしょう。これがスケジュール通りにリリースされ、多くの機能、使いやすさが期待される場合、プラットフォームの成功と将来の成長に大きな影響を与えそうです。

 なぜ2018年にLiskを購入するべきか!

 なぜ2018年にLiskを購入するべきか!

リスクは、有望なプロジェクトがたくさんある有望なプロジェクトです。そのJavaScriptを使用して開発者にとってメリットです。それは普及さしていくには他のプラットフォームからシェアを奪う必要がある。その為にマイクロソフトと提携も果たしているリスクですから、今後大手会社とも提携を拡大 していくでしょう。

また唯一、プラットフォーム系の仮想通貨の中で国内取引所に上場されているのはイーサリアムと、リスクになります。コインチェックに続き、ビットフライヤーでの取り扱いは大きな話題になりました。
国内最大の取引所ビットフライヤーが取り扱ったこと 【日本では金融庁の監視があり、取り扱える通貨に制限がある為金融庁承認されたと行っても良い】で2018年は他の国内取引所も取り扱いを始めてくると思います。今後、国内取引所で他のプラットフォーム系の仮想通貨が参入してくればリスクの価格にマイナス影響を与えますし、日本の仮想通貨業界が盛り上がりその際に他のプラットフォーム系の取り扱いがなければ、リスクに注目が集まり、価格にプラス影響を大きく与えるでしょう。

オカマのめめ子

大手企業との提携、国内取引所への取り扱いと営業力に定評のあるリスクは2018年投資対象に間違いなく上位にあがってくるわ。価格が上がる際にすぐ購入出来るようにビットフライヤーコインチェックに登録しておくことよ!!まだの方はこちらから登録。

保存版【図解簡単】bitflyer 登録方法

2018.03.05

【 図解で簡単 】 Zaif 登録方法

2018.02.24

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください