2018年は Triggers (TRIG)の年!概要と将来性

2018年は Triggers (TRIG)の年!概要と将来性

私も注目している、Triggers(TRIG)をピックアップしていきたいと思うわ!

どんな銘柄?

どんな特徴があるの?

将来性は?

儲かるの?

をおかまの私が、私見たっぷり解説していくわ!ついてなさい。

クリプトおかま
それじゃ、イクわよ〜ikuiku🖤

 

Triggersの特徴を理解するためにも、スマートガン、Blockfaceについても理解しておくこと。

 

仮想通貨のTRIG (Triggers)とは?概要

2018年は Triggers (TRIG)の年!概要と将来性
通貨名TRIG (Trigger)
公開日2016年10月
設立国アメリカ
時価総額順位220位
発行上限数3200万枚
取扱取引所Binanceのみ
公式サイトホームページ
公式TwitterTwitter

スマートガンとは、使用者の指紋、グリップの違いなどで許可された人のみが使用できる銃のことです。

「スマートフォンの指紋認証と同様に、銃にも同じ技術を使う事が可能だろう」と19歳の少年によって開発されたのがこのスマートガンで、アメリカで大きな注目を集めています。

アメリカでは銃の様々な事件が起きています。

問題点

  • アメリカでは、年間30000人が銃で死亡している
  • そのうちの60%は自殺である
  • 他人、ダークマーケットで売買された銃を使用しているケースも多い
  • 毎年約25万丁の銃が盗まれている
  • 銃弾が装填されたままでロックされていない銃がある家に住む子供の数が170万人に上る

このスマートガンの普及によって、

銃の誤作動防止子どものいたずら発砲自殺防止盗難による安全性がもたらされることが期待されています。

現状99%以上の確率で正常に認証できているものの、100%誤作動がないとは言い切れないため、警察への導入は進んでいないのが現状です。スマートガンは画期的な技術であるが、指紋認証やグリップの認証データ管理を一箇所で管理すると、ハッキングされた時のリスクが大きくなります。

そのため、このスマートガンの管理をブロックチェーン技術を用いた分散管理し100%の安全性を提供するのがこのTriggersです。

 

 TRIG (Triggers)の使用方法、メリット

2018年は トリガーTriggers (TRIG)の年 仮想通貨 概要と将来性

 

スマートガンとブロックチェーン技術の融合がTriggerを発行しているBlockfaceで、この技術を用いてスマートガンをみんなが安心、安全に管理できるようになります。

スマートガンを認証する際に、Blockfaceアプリで管理する事で、登録者のみが銃を利用できるようになります。

このBlockfaceにより銃のロック機能の有効・無効設定、発表記録や銃の所在地の確認ができるなど、様々な情報をブロックチェーン上に記録することが可能になります。

これらの情報は匿名性をもっており、第三者に開示されることがないという点でも安心して管理を行うことができるメリットがあります。

以上のことからわかるように、このTriggersは防衛技術を強化できる事からアメリカ政府やNASAなどにも注目されているプロジェクトになります。

トランプ大統領がサイバーセキュリティ研究に7000億ドルの軍事費用法案に署名。

 

 TRIG (Triggers) 人気が出ると思う理由

 

① 報酬が貰えるマスターノードについて

TRIG(triggers)のマスターノードとは、TRIGを保有していると報酬が貰える制度です。

勝手にお金が増えていくような感じですね。

マスターノードは、1500枚のTRIG以上を専用のウォレットに入れるだけで付与されます。1,500枚を1単位でマスターノードを1つ立てることができ毎月報酬を得ることができます。TRIGマスターノードで得られる報酬はAMMOトークンで配布されます。

マスターノードでもらえるAMMOトークンの数量は1ヶ月でTRIGトークンの25%になり、375AMMOを毎月貰えます。

このTriggerの配当は他の仮想通貨の報酬制度と比較しても、かなり高い数値になりますので、人気が出るのもわかりますね。

② 仮想通貨女子 Triggers (TRIG)の存在

仮想通貨女子をみなさん知ってますでしょうか?

仮想通貨アイドルの新メンバー発表がありました。それがこのTRIGなんです!

既存の仮想通貨女子の担当通貨は時価総額上位のメンバーにも関わらず、新メンバーになぜ時価総額200位程度のTRIGが加入したのかは謎ですが、仮想通貨大国日本のアイドルですから、今後マーケットに与える影響は大きいと思っています。

価格ももちろん上がるわよ!

通貨時価総額
BTC
1位
ETH2位
XRP3位
BCH4位
ADA7位
NEO10位
NEM13位
MONA72位
TRIG220位

姫川ゆなちゃん可愛いので是非Twitterフォローしてあげなさい。

 

③ TRIGに有利な環境になってきている

 

フィリピンの民間セキュリティー会社40社と国家警察

アメリカでは法規制で進展はこれからですが、すでにフィリピンでは民間のセキュリティー会社40社と国家警察が繋がっているという事です。

 

 

 TRIG (Triggers) チーム

優秀なメンバーが揃っています。

CEOと創設者ケビン・バーンズは、米軍のベテラン

ハーバードに行ったアンドリューは顧問と投資家

マイケル・テペリンは、BitAngelsの会長および共同設立者で長年のパートナー

コカ・コーラ、ソニー、バドワイザーで働いていたマーケティング担当

ジョンは、Apple、Amazon、DIsney、Netflix、Sony、Samsungなどのクライアントを持つクリエイティブディレクター

 

2018年は Triggers (TRIG)の年!概要と将来性

Triggersはマーケティングに長けている印象があります。アプローチも早いですね!

NASAアメリカ国防総省などの主要な機関が参加するサミットで活動を紹介しているのに加え、フィリピン警察との提携も発表しており、仮想通貨の中でもより実用に適した通貨になります。

国の規制、動向により、影響は受けると思いますが、普及する可能性が高くなると考えます

公的機関などで利用される将来性がある通貨はあまり無く、かつ時価総額がまだまだ低いという点で、Triggers(TRIG)は一線を画していると個人的には思っています!

 Triggerの購入はBinance
登録ページにアクセスし、メールアドレスを入力しパスワードIDを決めて利用規約に同意 するだけ。
登録だけであれば一瞬で取引できます。
登録はこちらより→Binance

 

クリプトおかま

 

どうだったかしらTriggerちゃんは!

私は昨年から値段が落ちた際に買い増しているわ!

今後爆発的に伸びる可能性が高い銘柄だから TRIG!是非みんなも検討してみる事をオススメするわ!

トリガー引いて、イクわよ〜🖤

 

初心者でも簡単 Binance(バイナンス)の登録方法

2018.03.07

Huobi(フオビ)にしか無い100倍仮想通貨銘柄を探せ!

2018.04.10

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください