Googleトレンド から見る 「 ビットコイン価格と相関について 」

Googleトレンド から見る 「 ビットコイン価格と相関について 」

オカマのめめ子
ご覧いただきありがとう。
みなさん、Googleトレンド をご存知?
今回は、Googleトレンド から見るビットコインの検索流入が多い国、価格との相関はあるのか?について解説していこうと思います。

 まず Googleトレンド とは

Google trend

グーグルトレンド

Googleトレンドとは、Googleが提供する無料のキーワード調査ツールです。

キーワードやトピックの検索回数でトレンドを確認できるWebベースツールになります。

Googleの圧倒的な検索ボリュームから、国ごと、地域ごとに、そのトレンドがわかります。

 

グーグルトレンド特徴

該当のキーワードを検索するユーザーが、同じく検索している人気、注目キーワードを調べることが出来る。

検索回数の推移グラフと、特定の国、地域での注目度を最大5つのキーワードと比較することが出来る。

特定のキーワードやトピックに関するトレンド情報をメール配信出来る。

今回はこちらを利用し、ビットコインの分析を行っていきたいと思います。

 

 グーグルトレンド から見る世界の注目度

グーグルトレンド仮想通貨

 

ビットコイン注目度の高い国と理由について解説していきます。

1. 南アフリカ

南アフリカの国旗
国の経済の崩壊、内戦やクーデターなどで国が一転すると、それまで利用していた通貨が無価値になります。「ジンバブエドルがハイパーインフレーション状態となり、無価値に等しくなった」という報道は記憶に残っている方も多いでしょう。体制が不安定な国の通貨は自国民からも信頼されません。その点、ビットコインは特定の中央集権的な機関に管理されることがない通貨です。

ビットコインの仕組みを支えているのは世界中に張り巡らされたインターネットであり、一国の体制が崩壊したとしてもインターネットが生きており、世界中に存在するビットコイン取引への参加者に信頼されている限り、存続します。アフリカのように体制が不安定な国が多い地域では、自国の通貨よりビットコインの方が信頼を置くことが可能であり、安定しているように感じられるのも自然なことなのです。

またアフリカでは、送金インフラが整っていないことも、アフリカにおけるビットコイン普及の可能性を高めています。銀行口座の開設には手間がかかりますし、維持費や送金手数料もかかります。アフリカではATMの数が少なく、出金のたびに手数料もかかります。外国への出稼ぎ労働者が母国へ送金するとなると、送金処理を中継する銀行も介在するために手数料が跳ね上がります。銀行や金額にもよりますが、送金のたびに6%~8%程度の手数料を失うことになります。一方、ビットコインの決済手数料は多くの場合において非常に安価です。銀行の送金手数料とは比べるべくもありません。また、決済処理が素早いこともビットコインの利便性を高めており、これもアフリカにおけるビットコイン普及の可能性を高めています。銀行の海外送金処理は往々にして数営業日、時には二週間もかかることがあるためです。

2. スロベニア

スロベニア仮想通貨

スロベニアの首相である Miro Cerar氏は、仮想通貨業界に大変感心 を持っており、公的なサービスに技術を取り入れたいと考えています。2017年10月上旬にスロベニア経済の大規模な会議が開かれました。

この会議はDigital Slovenia 2020と称し、ブロックチェーンについても話し合われたようです。

そこスロベニアの首相が「スロベニアを欧州連合において最も認知されているブロックチェーンのリーダーとして位置づけたい」と宣言しました。

今後は国家の発展に役立つような情報管理アプリケーションをリリースしたり、ブロックチェーンを開発する企業を支援していく予定らしいです。
ただ、規制などの下地づくりが定まっていないため他国のようにICOへの批判的な意見も根強くあるようです。

3. オーストラリア

オーストラリア仮想通貨

オーストラリアでは、ビットコインの取引、売買、マイニングが違法とみなされることはなく、原則として、自由に行うことができます。

2017年7月から、仮想通貨の購入には一般消費税が課税されなくなり、実際のお金と同じように扱われるようになりました。

今までは、仮想通貨を利用している消費者は消費税を2回支払わなければなりませんでした。「1回目は、仮想通貨の購入時。2回目は商品やサービスを仮想通貨で購入した場合に一般消費税が課税される」 二重課税になっていた。

2017年は、ブロックチェーンを含む革新的なフィンテック関連の年だったが、国家予算の中身を見ると、 オーストラリアの現在の環境を改善したいという意欲が見えた年 であり、それと同時に注目度も上昇したと言えます。

ブロックチェーンイノベーションはオーストラリア生産性向上に寄与します。オーストラリア政府は世界有数のフィンテックハブとして、オーストラリアが機能することを目指しており、世界的なリーダーとして、国内のフィンテック産業を成長させることを目的とする。

point南アフリカは、国民が自国通貨への不信感からビットコインに逃げている。

スロベニアは国としてブロックチェーンの技術を確立し反映していきたいと考えている。

オーストラリアもスロベニアと同じく、ブロックチェーン技術を自国の発展に繋げていきたいという政府主導の動きです。

 

 ビットコイン 注目度と価格の連動

 

Googleトレンド から見る 「 ビットコイン価格と相関について 」

こちらは2017年3月からの2018年3月までのグーグルトレンドの図になります。人気度100%をマークした際ビットコインの価格も急上昇し200万を超えています。相関性があるのでは?という事で調べてみました。驚く結果でした。

過去の相関図

ビットコイン価格推移

このチャートを見たとき直感的に思ったのは、「2つの線が非常に相関している」と感じました。

Bitcoinの価格が200万を超えた際、ニュースなどで多くの人々にBitcoinを検索させることになります。その際、国、企業、ニュースなどでBitcoinにとってプラス材料でもマイナス材料でも、そのニュースは多くの人にGoogleのBitcoinを検索させ、Bitcoinを購入したり売ったりすることで、価格を増減することができます。

その為、検索とビットコイン価格は必ず一致するものでは無いですが、過去のチャートを見るとGoogle検索上昇の後に、価格が高騰している確率は高いと言えると思います。

Googleトレンド から見る 「 ビットコイン価格と相関について 」

今回は、Googleトレンドを紹介しました。価格との相関性については、確実では無いものの高い相関性があるので無いかという結論に達しました。ビットコインが国内価格200万を超えた12月にはGoogleトレンドの数値は100に達していました。そして現在3月ビットコインの価格と共に、トレンドも17%とかなり低い数値になっています。次の検証をするには有難い数値であると言えます。

是非参考にし次の上昇に備えるようにしておいて頂ければと思います。

まだ取引されていない方は、取引所の開設は行っておきましょう。

 

初心者でも簡単 Binance(バイナンス)の登録方法

2018.03.07

保存版【図解簡単】bitflyer 登録方法

2018.03.05

【 図解で簡単 】 Zaif 登録方法

2018.02.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください