【徹底】「 SIGNALS NETWORK 」の将来性

ICOで注目 SIGNALS NETWORK について今回は解説していきます。

最近は仮想通貨時価総額も縮小している中で ICOもきつい状況ですね。

その中で、シグナルはどうなるか徹底解説よっ!!

 1. SIGNALS NETWORKの概要

シグナルネットワーク

シグナルネットワークはユーザーが機械学習に基づいて暗号化取引戦略を作成し収益化できる暗号取引モデル市場を提供する事が目的である。

機械学習は大きなデータを成功した取引戦略に変える大きな可能性を秘めていますが、現在は限られたトレーダーやプログラマーしか利用できていません。

シグナルネットワーク は暗号取引業界で機械学習知能を民主化することを目指しています。

SIGNALS NETWORK 

  • ICOの日付 : 2018年3月12日 – 2018年4月12日
  • 業界 : トレーディング
  • 説明 : シグナルは、インジケータを組み立てるための簡単なUIを提供し、さまざまな暗号化交換の利益を最適化するためのシグナルを作成します。
  • 価格 :  1トークン= 0.25 USD
  • 設立 : チェコ共和国
  • ウェブサイト : signals.network
  • ホワイトペーパー : 白書

 2.  SIGNALS NETWORK の特徴とは

 

シグナルネットワークは、プログラミング経験が不要なアルゴリズム取引モデルを構築する機能をユーザに提供します。ユーザーは、正統的な技術分析データ点から深い学習や感情分析まで、複雑な範囲のインジケータを簡単に選択できます。これらのインジケータは、統合された後、エクスチェンジに接続され、そこで最適化アルゴリズムやその他の支援的な分析手法を使用してバックトテストを行い、最良の取引戦略を導き出すことができます。

ユーザーは、これらの戦略を展開して、自動または手動取引のリアルタイムデータを処理できるようになります。最後に、ユーザーは取引モデルをROIデータが利用可能な市場で共有し、他のユーザーがそれを利用することを選択すると支払いを受けることができます(「コピートレーディング」と呼ばれます)。

プラットフォームは3つマーケットプレイスに分かれてる。

  • データマーケットプレイス

 ユーザーおよび外部には、独自のデータセットを購入可能にすることで収益を上げることができます。データセットは(過去および現在の市場データ、ソーシャルネットワーク、その他の暗号関連メディアが含れる)

  • 指標市場

選択されたデータセットは、さまざまなタイプの指標に従って処理されます。指標はすべての取引戦略の基礎を構成します。シグナルは、センチメント分析、技術分析、ブロックチェーンモニタリング、群衆知恵など、さまざまなタイプのインジケータをサポートします。開発者やデータの科学者は、信号ネットワークを使用して、独自の指標セットを暗号トライダーに提供することで、技術を収益化することもできます。

  • 戦略市場

開発者とトレーダーは、彼らの貿易戦略を列挙することができます。ユーザーは、他の人が作成した戦略を購入して展開したり、独自の戦略を構築したりすることができます。各戦略は、トレーディングモデルを実装する前に、ユーザーがリスクのパフォーマンスとレベルを確認できるようにレポートを生成します。Signalsプラットフォーム外で作成されたサードパーティの取引ボットは、Signals APIを使用して市場に統合することもでき、ユーザーが利用できる戦略の幅がさらに広がる可能性があります。

シグナルトークン(SGN)は、Ethereum ネットワーク上に構築されています。

Signals Platform で利用可能なすべての有料機能は、シグナルトークンを介してアクセスできます。信号は、市場での購入ごとに料金を請求します。

ユーザが作成したインジケータ、データストリーム、およびコピーストラテジ戦略の購入はすべてSGNによって行われます。組み立ておよび貿易戦略取引のためのプレミアム機械学習機能もSGNで購入されます。

第2の収入ストリームは、階層型加入モデルを介して貿易戦略のための信号クラウド・ソリューションを介して計画される。シグナルプラットフォームで支払いが行われると、非常に少量の通貨が燃えてSGNトークンが効果的にデフレーション通貨になります。SGNの使用が増加するにつれて、供給は縮小するでしょう。このメカニズムは、SGNトークン価値の価値を支持し、投資家による通貨の長期保有を促すために実施されている。

 

 3. シグナルネットワークのメリットとは

 

シグナルネットワークロードマップ

 

ロードマップ見ながら行くわよ。

現在、シグナルネットワークは、UIと戦略市場のアルファモデルをリリースしました。

インディケーターとデータマーケットプレイスはまだリリースされていません。Strategies Marketplaceの機能の詳細については、こちらをご覧ください。チームによると、SGNトークンのプラットフォームへの展開はQ2から始まりますが、3つのマーケットプレイスがすでに利用可能になっているかどうかは不明です。

シグナルネットワークは、プラットフォームの技術的スケーラビリティに恩恵をもたらす堅実な企業パートナーシップを確立しました。大量の暗号市場データを処理するために、シグナルはFoxconn とのJV契約で確立されたデータサービス会社である SafeDX と提携しています。Safe DXとの提携は、Signalsが多数の暗号市場から大量のデータをリアルタイムで収集して処理するため、トレーダーが最新の情報を使って賢く迅速な意思決定を行うのに役立ちます。

ブロックチェーンプラットフォーム Stox と iExec との他の提携関係も確立されているようです。

メリット、強みについて Foxconn とのJV契約で確立されたデータサービス会社である SafeDX と提携やブロックチェーンプラットフォーム Stoxと iExec との提携がある。

 4. シグナルネットワークのデメリットとは

シグナルネットワークは、同様の製品を提供する他のいくつかのプラットフォームと競合しています。

競合他社の中で強力なのはエニグマです。

Signals Network と Enigma の違い
エニグマはプログラマーに焦点を当てている。シグナルネットワーク は、プログラミングスキルのないプログラマーとトレーダーの間で牽引力を得るように設定されている。

Signals Networkの成功は、トレーダーが利用する開発者からの貢献に依存しています。不安点は、どのプラットフォームが生態系を拡大するために、より多くのデータ科学者とプログラマーを呼び込むかということです。

ホワイトペーパーには報酬のための開発者の競争などの戦略が記載されていますが、これは決して包括的なスケーリング方法ではありません。このプロジェクトの成功は、深刻な数のユーザーと開発者をプラットフォームに引き付けるチームの能力からのみ得られます。

 

 5. チームメンバーについて

 

  •  Pavel Nemec

Signals Networkの CEO を務め、共同設立者です。Signals の前は、もはや動作していないFamleyの共同設立者として1年間のスタートアップ経験を持っています。Pavelは2012年からソフトウェア開発者としても働き、2014年にはFull Stack Developerになりました。

  •  Pavel Volek

CTOでプロジェクトの共同創設者です。パベルは以前、Famely社の共同設立者、パベル・ネームメクで働いていました。彼はまた、いくつかの企業との完全なスタック開発者としての確固たる経験を持っています。彼は2012年以来、開発者です。

  •  Michal Krajňanský

信号の機械学習スペシャリストとして勤務しています。彼はプログラマーと開発者として2年を経て、AIの研究スペシャリストとなり、ICTソリューション会社のコニカミノルタと機械学習を行いました。

  •  Philip Staehelin

このプロジェクトの優れたアドバイザーです。彼はビジネスで幅広いリーダーシップ経験を持ち、多くのスタートアップの指導者です。彼のLinkedinのページでは、Signals Networkのアドバイザーの役割は果たしていないが、チームはMediumでインタビューを発表しました。

 

 クリプトおかまの評価、結論

今回の評価は。。。。。。! ! ! ! ! ! ! ! !

 総合評価  ⭐⭐⭐⭐☆(4/5)
 マーケット  ⭐⭐⭐☆☆(3/5)
開発進捗 ⭐⭐☆☆☆(2/5)
チーム  ⭐⭐⭐☆☆(3/5)
提携  ⭐⭐⭐⭐☆(4/5)
コミュニティの活発度 ⭐⭐⭐⭐☆(4/5)

 

オカマのめめ子

勝手に評価したわよ。

評価が高い シグナルネットワーク は、提携もすごく進んでいるようね。

 

開発者と、ユーザーを引きつけデータセット、トレーディング戦略、指標に貢献参加者が多くなればなるほど、プラットフォームはより価値と持続可能になりそうね。技術力よりも成功の鍵はマーケット力になりそうね。そういった意味でコミュニティの活発度、提携を進めている事は評価できるポイントね。だから総合点は

☆4つよ!!

どんだけぇ〜!! シグナルネット 背負い投げ〜🖤

Googleトレンド から見る 「 ビットコイン価格と相関について 」

2018.03.17

分散型取引所 「 DEX 」 とは? 仮想通貨

2018.03.16

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください