2018年 Waltonchainが小売業に革命を起こす!!

2018年 Waltonchainが小売業に革命を起こす!!

 ウォルトンチェーンとは?

 2018年 Waltonchainが小売業に革命を起こす!!

WaltonchainチェーンはRFID技術の発明者にちなみ名付けらた中国を拠点の会社であるチャールズ・ウォルトン。Walton氏はブロックチェーン技術とRFIDハードウェアを組み合わせることにしており、彼らの使命は、効率的で人間工学的なストレージ、追跡システムを構築すること です。Waltonchainプロジェクトは、この技術を大規模なメーカー、流通センター、小売業者などにグローバルな段階で導入する予定 です。

 ウォルトンチェーン 基本情報

2018年 Waltonchainが小売業に革命を起こす!!

 Waltonchain RFIDとは何なのか?

この技術は21世紀に進化している。この技術が社会にどのように進化されてきたかを知るために、ホテルのドアロックを見てみましょう。もともとはキーを回してロックを解除する必要がありました。次に、ドアの自動ロック解除を開始するために、ユーザーがカードをスワイプできるように、磁気キーカードに進化する。現時点では、キーカードにRFIDチップがあり、ユーザーがロックの5〜6cm以内にカードを提示して自動的にドアのロックを解除できるようにする。ハードウェアのコストが下がり続けているため、RFIDの実装は引き続き増加します。ウォルトンのRFIDが決済システム、追跡、保管、物流に役立つことに注目している。

さらに、RFIDが磁気システムに取って代わっている理由は、「RFIDが物理的な接触を必要としないこと。」利用されている無線周波数のおかげで、チップを読むためには一般的な距離だけが必要です。

 

 Waltonchain RFIDの特徴

Waltonchainはホワイトペーパーで、RFID Blockchain技術をストレージシステムに導入することについて語っています。現在、ほとんどの小売業者または物流センターでは、QRコードで在庫を管理しています。これにより、個人またはマシンは、特定のバーコードをスキャンし、コンピュータシステム内の元帳を更新することができます。Waltonchainは、RFIDチップの導入により、この分野での効率性とセキュリティを大幅に向上させることを目指しています。

Waltonchain RFID

 

 Waltonchain 効率の向上

Waltonchain RFIDチップを実装することで、商品が配送されるたびに在庫システムで商品を操作することができます。在庫を操作するために、人やマシンが各QRコードをスキャンする必要がなくなりました。

センサーを出入り口に設置し、トラックに荷物が到着すると荷物が到着した際に荷物の内容、数を記録することができます。これは、小売業界、物流業界において革命を起こす可能性が大いにあると思います。

Waltonchain仮想通貨特徴

Waltonchainは、荷物の出発、到着チップから収集されたデータは、資産がどのように動いているか理解するのにも役立ちます。このデータは、資産を並べ替えるソフトウェアシステムによって操作され、在庫の流れによりリアルタイムで更新されます。これにより、在庫過多、在庫不足の把握にも利用できる。

そして、RFIDを製品に実装する小売業者は、顧客の流行、行動を把握すること ができます。商品がラックから取り外された時、フィッティングルームに持ち込まれた時にもデータを収集する。これによりアイテムの分析することができます。それに応じて在庫を調整することができ売上に直結するデータの収集 にも役立つのです。

ウォルトンチェーン特徴

 

 Waltonchainのロードマップ進捗と今後

 

  • フェーズ1

RFIDに基づく衣服システムの統合スキームを開発しました。

  • フェーズ2

RFIDチップが量産され、衣料品、B2Cの小売および物流に使用されます。価格設定、発注、梱包と保管、仕分けと流通、店舗管理、などのブロックチェーンと照合することによりロジスティクス業界全体のビジネスプロセスを達成することができる。

  • フェーズ3

製造業者は、材料と生産品質を検証し品質問題の原因を追跡することができます。消費者の利益を根本的に保証するために偽造の可能性を排除することができる。

  • フェーズ4

ハードウェアのアップグレードとブロックチェーンのデータ構造の改善により、全ての資産をWaltonchainに登録することができるようする。資産所有、商品トレーサビリティ、取引伝票の問題を解決することができる。

Waltonchainは既にアルファテストを完了し、製品を改善するためにフィードバックを取っています。更新ロードマップを見てみると直近ではここまで進捗しています。

  • アルファテスト:10月31日〜11月10日
  • RFID +ブロックチェーンオフチェーンデモ:11月
  • ベータ版/公開テスト:12月上旬
  • 創世記ブロック/親チェーン運営:2018年1月
  • ERC20からWTCトークンへの変換:2018年1月
  • マスターノードの運用リリース:2018年2月

2018年は、マスターノードだけでなく商品完成している必要がありここから更に取引所と提携していく事が重要になるでしょう。

 Waltonchainの価格分析

Waltonchainの価格分析仮想通貨

 

Waltonchain(WTC)は、現在400億円の時価総額。硬貨1枚あたりの現在価格はおよそ1600円で、最高値は12月の5000円近くになります。9月から10月に掛け値段が一時的に上がり底値もあがっています。プロダクトがしっかりしており、実用性に優れている為か出来高も高くWTCは全体的な価格行動を見ると成長を見せています。

懸念点はWaltonchainは中国系企業だという事です。ウォルトンチェーンは中国政府の支配下にあり、規制に従わなければなりません。2017年9月4日、WTCは中国のICOと仮想通貨の禁止期間中に閉鎖され9月26日まで行動することができませんでした。今後中国がグローバル化しWTCに協力し成長し続けるか?もしくは仮想通貨の取り締まりで混乱するか?中国の政策如何と行ったところですので動向に注目です。政府を味方につけた時の爆発力は価格に大きく影響を与えるでしょう。 

Waltonchain中国仮想通貨

 2018年 Waltonchainが小売業に革命を起こす!!

Waltonchainは実用可能性が高いプロダクトで、採用しているRFIDシステムは、製造業などにおいて、生産、物流、倉庫、チェーン店の情報伝達として長年使われていく可能性があるという結論になります。

オカマのめめ子

あたいも、すごく注目している仮想通貨の銘柄よ!今後中国の動向により投資対象から外れるかもしれませんが、テクニカル的にも確り底値をつけて出来高もあるという部分に置いてもWTCは2018年買いの投資対象 で注目の仮想通貨という結論だわっ!WTCは「Binance」で購入できるわ。是非買っちゃいなさいyo!!

初心者でも簡単 Binance(バイナンス)の登録方法

2018.03.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください