Huobi100倍銘柄 Linkeye (LET)とは?

Huobi100倍銘柄 Linkeye (LET)とは?

ごきげんようよ。クリプトおかま(@cryptookama)よ。

前回Huobiにしか取扱っていない銘柄を調べました。

そこで、時価総額の低く儲かりそうな銘柄をピックアップしていこうと思います。

Huobi(フオビ)にしか無い100倍仮想通貨銘柄を探せ!

2018.04.10

今回は第4弾として、まだ注目されていないLinkeyeをピックアップしました。

どんな銘柄?

どんな特徴があるの?

将来性は?

儲かるの?

をおかまの私が、私見たっぷり解説していきますわよ!ついてなさい。

クリプトおかま
それじゃ、イクわよ〜ikuiku🖤

仮想通貨Linkeye (LET)の概要

通貨名LinkEye(LET)
公開日2018年1月
設立国中国
時価総額順位235位(5月10日現在)
発行上限枚数6億枚
取扱い取引所Huobi
公式サイトLinkEye
公式 Twittertwitter

LinkEyeとは、簡単にいうと国際クレジットを促進するためのブロックチェーンソリューションです。

プロジェクト目標

Linkeyeプロジェクトは、科学技術に関して世界的な信用基盤社会の発展を促進することが重要である。

仮想通貨Linkeye (LET)の概要

アーキテクチャに従ったhyperledgerオープンソース技術を使用しています。

リンクアイは、ブロックチェーン技術とクレジット経済モデルを活用して、クレジット・アライアンスのクレジット・データを統合し、それぞれのプロファイルに接続することで、包括的で信頼性の高いクレジット・データベースを作成します。

LinkEyeは、オープンソースの分散分散型プロトコルであり、関連機関が有用で合法なクレジットデータを交換するためのプラットフォームを提供します。リンクアイは、現在の与信システムを改善し、最終的には誰にとっても公正な世界的な与信システムを作り出すことを目指しています。

現状

Huobi100倍銘柄 Linkeye (LET)とは?

ヨーロッパ、東南アジア、中国市場に基づいて、LinkEyeはブロックチェーンテクノロジーと経済モデルの深い統合を使用し、メンバー間の不良クレジットリストのデータを共有して、個々のクレジットデータ全体を構成し、信頼と幅広いカバレッジを特徴とする信用データベース。

このようにして、社会的信用制度を効果的に改善することができる。

中国

Huobi100倍銘柄 Linkeye (LET)とは? 仮想通貨 リンクアイ

2016年には、中国における個々の信用ローンの市場は396兆円 (23兆CNY)に達しており、2015年から21.1%増加している。

毎年20%以上の年間成長率を維持しており、2019年に41兆CNYとなる予定で市場規模の5倍になる予定である。

中国における消費者金融、クレジットローン市場の規模は急速に増加し、巨大な成長の可能性が期待されています。

東南アジア

Huobi100倍銘柄 Linkeye (LET)とは?

東南アジアでは、人口が6億人と27%が銀行口座を持っていますが、クレジットカードの所有権が驚くほど低くインドネシアで6%、フィリピンで5%、ベトナムで3%。これに対し米国市民の80%は、クレジットを利用している。

問題を悪化させ、非常に限られた量の公的な信用スコアリング機関によってカバーされる人口は これらの分野では、信用貸付に対する認識が比較的強い。十分に開発されたクレジットスコアリングシステムは、消費者金融事業であり、経済成長につながる。

解決策

LinkEyeは、独立して開発されたHyperledger Fabricベース グローバルなクレジット・アライアンスを促進するコンソーシアム・ブロックチェーン・ソリューション ブロックチェーン技術とクレジット経済モデルを活用することで Linkeyeがクレジット内の信頼できないプロファイルの共有リストを作成する。

ブロックチェーンネットワークでクレジットデータを結びつけることで提携している。 究極の目標は幅広い信頼性のある信用を形成することによって信用を守ります 社会全体の信用システムを構築する。

リンケイプロジェクトは、科学技術的に大きな意味を持ちます 世界的な信用に基づく社会の発展を促進するために、 LinkEyeは、最初のブロックチェーンベースのクレジット・アライアンスを構築することを約束し、プラットフォームと詐欺データベースを完成させることに注力しています。

同盟のメンバーを募集して プロジェクトが強化する 社会への誠実さ – 詐欺的な人々は 信頼できる人々が優れた社会的資源を享受する。 Blockchain Blockchain の利点は、分散型で分散型のデータストレージ技術です。

これは、中央の権限がない場合にあらゆる種類の機関や個人間でデータのやりとりを実現する、安全で信頼性の高いシステムです。暗号化、分散されたコンセンサス、ピアツーピアネットワーク通信などの技術的手段の使用により、ブロックチェーンはデータが改ざんまたは削除されるのを防ぎます。このような技術を利用することで、Linkeyeはブロックチェーン上に公開されたデータを変更または削除することができず、信頼できるデータシステムを構築することができます。

Operation Theory

LinkEyeチームは、提携の効率的な運営を保証するために、業界で一般に認められている8つのコアメカニズムを提案し、ブロックチェーンテクノロジーに基づいてクレジット同盟を創造しました。Linkeyeは、クレジット業界におけるブロックチェーン技術の実用化を実現します。

使用メカニズム

 ブラックリストメカニズム、会員メカニズム、クレジットメカニズム、仲裁mechanis、情報共有の仕組み、スマート価格決定メカニズム、データセキュリティ、ファイアウォールメカニズム、オープンAPIメカニズムを使用しています。

開発計画(ロードマップ)

 

フェーズ1(2017-2018年):信用プラットフォームの構築とメンバー間のブラックリストの共有

フェーズ2(2018-2019年):個人情報をカバーする社会的信用システムの改善

フェーズ3(2019年):企業への信用評価の範囲の拡大

フェーズ4(2019以降):健全な信用社会の実現

LinkEyeの現在までの活動

LinkEyeチームは中国全土の8都市でロードショーを開催し、大勢の観客を集めました。

7月29日*、北京のフォーシーズンズホテルで最初のロードショーが開催されました。その後3週間で、上海、杭州、広州、深セン、武漢、成都、重慶でもロードショーが開催され、LinkEyeチームの詳細を知り、LinkEyeプロジェクトをよりよく理解できるようになりました。

それ以来、LinkEyeは、確固とした経験、豊かな経験、そして十分に考えられたプロジェクトの仕組みを持って、何千人もの投資家に感銘を受けました。

ロードショーの後、LinkEyeは技術的な詳細を改善し、積極的に製品を伝えることによってプロジェクトを推進し続けました。3ヶ月後、彼らのプロジェクトは成果を上げました。この技術を積極的に研究することにより、LinkEyeチームは中国のブロックチェーンセクターの発展に貢献するという決意を示しました。

LinkEyeの今後の計画

LinkEyeは、世界市場でブロックチェーンクレジットプロジェクトを実施する予定です。

LinkEyeのチームは、世界中のさまざまな市場を調査した結果、米国以外の国々(アメリカ、ヨーロッパ、東南アジア、中東など)も、クレジット業界におけるデータ共有の高いコストの影響を受けることを発見しました。

これらの国の信用市場は成熟の段階が異なっていますが、高いコストという根本的な問題に直面しています。BlockChainに直接クレジット情報を記録する世界初の唯一のチームとして、LinkEyeの革新は、世界中の開業医から高い評価を受けています。

グローバル化した環境では、LinkEyeは異なる国家与信システムのニーズに合わせて各国の連合チェーンを構築します。

各アライアンスチェーンはAPIを使用してクレジットデータを検証し、グローバルなクレジットデータネットワークシステムを形成しています。現在、LinkEyeは世界規模のブロックチェーンクレジットと相互共有ネットワークを確立しており、信頼できる個人が最高の金融サービスを受け取り、不正な人々を完全に隔離することができます。

Huobi100倍銘柄 Linkeye (LET)の特徴

Huobi100倍銘柄 Linkeye (LET)とは? 将来性について解説

①データセキュリティ

LinkEyeは、データのセキュリティを保護するために対称暗号化と非対称暗号化を組み合わせ、 デジタル署名を使用して情報の完全性と信頼性を確保します。

②ハイパフォーマンス

LinkEyeは、IBMが推奨するPBFTアルゴリズムを独自に実現しているため、書き込みパフォーマンスが大幅に向上します。 対称暗号化方式を使用してデータを暗号化しています。非対称暗号化より500-1000倍高速です。 同時に、インターネットワークプロトコルが最適化され、ノード間のブロードキャストとデータの同期が高速化されます。

③スケーラビリティ

LinkEyeは、コンセンサスアルゴリズム、スマートコントラクト、P2Pプロトコル、 ブロック書き込みをカプセル化して各モジュールを交換できるように、モジュール設計になっています。 スマート契約をアップグレードして、保守後のスケーラビリティを促進することができます。 同時に、フレームワークの最下部は、マルチチャネルをサポートし、 異なるビジネスシナリオの下で「異なる人が異なるデータにアクセスする」という要件を満たし、 将来、より多くのタイプのクレジットデータを格納するためのシステムをサポートします。

④便利なアクセス

データが一度にブロックチェーンに書き込まれると、 クエリと特典の分配はLinkEyeプラットフォーム上で独立して完了します。 これにより、メンバーのアクセスコストが大幅に削減されます。 LinkEyeが提供するSDKを使用することで、開発アクセスを “0”にすることができます。 メンバーはLinkEyeがすべてを修正するので、 プラットフォームのアップグレードについて心配する必要はありません。

 Linkeye (LET)の価格推移

リンクアイの上場からの価格推移になります。 Huobi100倍銘柄 Linkeye (LET)とは? 価格 テクニカル 現在時価総額では200位から300位をウロウロしている状態です。

現在では、Huobiしか上場していない為今後他取引所に上場する際にはさらにランクを上げていくでしょう。

Huobi取引所の盛り上がりと同時にこちらのリンクアイの価格も上昇しています。

Huobiの今後の出来高に伴い、Linkeyeもそれだけで伸びる力は秘めていると思います。

また中国銘柄という事で規制の懸念はありますが、中国銘柄は対象者の数(人口)が圧倒的になりますから順調に伸ばしていくのではないかと思っています。

 

Huobi100倍銘柄 Linkeye (LET)とは? 将来性

Huobi100倍銘柄 Linkeye (LET)とは?

LinkEyeチームはスケールの大きいプロジェクトにはなる為、活用までのプロジェクト進行速さが鍵になると思います。

そこで注目したいのが、

このチームは、約100人のスタッフで構成されており他のアルトコインプロジェクトよりもスタッフが多い為、開発、マーケティングに人員を割く事が出来る事も強いと思っています。

人口の多い中国銘柄で 、勢いのあるHuobiでのみ購入できる希少性、スタッフが多いことによるプロジェクト進行の速さがこのLinkeyeを高みに持っていけるか今後楽しみな銘柄です。

Huobiに上場させた事自体が、たまたまなのか、センスなのか分かりませんが個人的には、マーケティングセンスが良さそうで期待しちゃいます!!

また、時価総額200から300位程度の銘柄ですが、twitterアカウントは9000人程度と少ない!

Linkeye将来性①中国銘柄でパイが大きい
②Huobiで唯一購入できる銘柄で希少性が高い
③時価総額の割にまだまだ注目されていない
④スタッフが100人おりプロシェクト進行がスムーズ
⑤Huobi取引所の出来高が確実に増えており、今後も拡大すると思う

 

クリプトおかま

どうだった?まだイっちゃダメよ🖤

前回記載していたWICCもブログにアップしてから1ヶ月以内に高騰したわよ。

このLinkEyeは「まだまだ注目されている銘柄である」とは言えない為、他の取引所に上場する前に!注目される前に仕込んでおくのよ!

そう!仕込むの!!なんか、イヤラしく聞こえるわね🖤 見てくれてありがとうだわ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください