Huobi100倍銘柄 CoinMeet (MEET)とは?

Huobi100倍銘柄 CoinMeet (MEET)とは?

ごきげんようよ。クリプトおかま(@cryptookama)よ。

前回Huobiにしか取扱っていない銘柄を調べました。

そこで、時価総額の低く儲かりそうな銘柄をピックアップしていこうと思います。

Huobi(フオビ)にしか無い100倍仮想通貨銘柄を探せ!

2018.04.10

今回は第5弾として、まだ注目されていないCoinmeetをピックアップしました。

どんな銘柄?

どんな特徴があるの?

将来性は?

儲かるの?

をおかまの私が、私見たっぷり解説していきますわよ!ついてなさいyo

クリプトおかま

それじゃ、イクわよ〜ikuiku🖤

 

Coinmeet(MEET)ってどんな仮想通貨? 概要

Huobi100倍銘柄 CoinMeet (MEET)とは? 概要 将来性

 

通貨名Coinmeet(MEET)
公開日2018年1月
設立国中国
時価総額順位251位(5月11日現在)
coinmarketcap記載なし
発行上限枚数4億枚
取扱い取引所Huobi,DragonEX
公式サイトCoinMeet
公式 Twittertwitter

Coinmeetは、ユーザーに複数の資産管理を提供することを目的として作成された仮想通貨になります。

coinmeetは、クロスチェーンアダプタを搭載したソーシャルウォレットの使用によるものです。この財布を通じて、Coinmeetユーザーは携帯電話でさまざまなデジタル機能を入金、受信、転送、楽しむことができます。

CoinMeetはクロスチェーンアダプター技術を採用しているのが特徴です。

クロスチェーンとは、種類の異なるブロックチェーンを繋ぐ技術のことです。この技術により、取引所での売買を介さずに異なる仮想通貨に変換することができるようになります。

日常生活で仮想通貨を使い分けるようになると、仮想通貨を別の仮想通貨に交換するためにわざわざ取引所を使って売買するのは手間がかかります。クロスチェーンは、各通貨に互換性を持たせ、手間を軽減しそのまま使用出来る技術になります。クロスチェーン技術は仮想通貨が普及する為には無くてはならない存在でしょう!

 

COINMEETの動画より抜粋

CoinMeetはあなたのデジタル資産を活性化します。

ブロックチェーンに基づいている、ビットコイン、イーサリアム、そして数多くの派生デジタル資産は爆発的に成長しています。1300種類以上のデジタル資産は現在、グローバル市場での取引に利用でき、経済規模の合計は3,000億ドル以上です。

ブロックチェーン基盤上のデジタル資産の価値の規模は法定通貨によって負担される資産価値の合計を遥かに超えていると予想します。しかし、デジタル資産の勢いの増大とともに管理の複雑さも増加し、セキュリティ、機密性、利便性が事実上保証されていません。

モバイルソーシャライジング、支払い、ID認証、そして、その他のリンクは互いに分離されています。ブロックチェーンの世界には統合するゲートウェイと事業者が欠けています。

その結果、CoinMeetが登場しました。CoinMeetは画期的な複数資産管理ソーシャルウォレットです。ウォレットと自身を統合します。社会のツールであり、取引媒体であり、そしてデジタル経済の時代の中の経路です。

CoinMeetのユーザーはソーシャルグループを作ることができます。グループの中では、報酬をもらったりデジタル資産をチャージすることで、自分の資産を循環させるための流通経路を確立することができます。レーダー検索、ワンクリック取引、デジタル資産の流通、ゲームそしてエンターテイメントもまたCoinMettのアプリケーションの機能に内蔵されています。

CoinMeetはインスタントメッセージのプライバシーとセキュリティを保護するために、読み取りとスクリーンショット通知後に燃やして消去するだけでなく、エンドトゥーエンドの暗号化技術を採用しています。CoinMeetは預金、移動、支払い、そして広範囲のデジタル資産を民主的にリストできます。

CoinMeetは指紋、顔、声などの生物計測を正確に見分けるために人工知能を使います。そして、匿名のユーザー情報をデジタル経済世界のためのパスポートとしてブロックチェーン上に保存します。

CoinMeetは未来の「暗号化デジタル経済社会」を提供するために設計されています。私たちは、支払い、取引、エンターテイメント、そしてソーシャライジングを1つのアプリケーションに統合し、ユーザーの交流、資産、取引、ID、その他のリンクのセキュリティ、プライバシーを同時に確保するCoinMeetを望んでいます。

CoinMeetを開いて下さい。そして新しいデジタル経済の時代に入ってきて下さい。CoinMeetはあなたのデジタル資産を活性化します。

 

CoinMeetが複数のブロックチェーンを統合するゲートウェイとなり、人工知能生態認証と暗号化技術により、デジタル資産を安全に保管する。

デジタル業界と経済界は、デジタル業界が大幅に増加しているにもかかわらず、多くの問題に直面しています。

近年、画期的なマルチアセットマネジメントソーシャルプラットフォームであるCoinMeetを追加することで、より良いものになるでしょう。プラットフォームはクロスチェーンアダプタをベースにしており、さまざまなデジタル資産の移転、支払い、入金、民主的なリスティングを実行することができます。

CoinMeetの目的は、暗号化されたデジタル経済社会に将来役立つことです。

 

CoinMeet(MEET) 技術的特徴

 

CoinMeetは、プラットフォームをユーザーが取引できる場所として、取引や支払いを民主的な方法で提供できる優れた機能を備えています。CoinMeetプラットフォームの主な機能は次のとおりです。

⭐マルチアセットウォレット

CoinMeetマルチアセットウォレットは、マルチアセットのソーシャルウォレットです。ウォレットは安全で安全で透明なウォレットで、ユーザーはその上にストア、履行、転送、およびその他のサービスを実行できます。

⭐デジタル資産コミュニティグループ

CoinMeetユーザーは、ソーシャルグループを作成する機会があります。グループは、報酬を与えてデジタルを充電することによって、独自の資産循環のための流通チャネルを確立することができます。資産。

⭐プライベートチャット

CoinMeetは、エンドツーエンドの暗号化技術にも適合しています。この技術は、読書やスクリーンショットの通知後に焼くような一連の補助機能でもあります。この通知は、インスタントメッセージングのプライバシーとセキュリティを保護するのに役立ちます。

⭐ブロックチェーンパスポート

CoinMeetは、人工知能を使用して、顔の特徴、指紋、およびボーカルプリントなどのバイオメトリックを識別し、ブロックチェーンで識別されたユーザーを格納します。このプロセスは、新しいデジタル経済界のためのパスポートです。

⭐エンドツーエンド暗号化

CoinMeetはプライバシーを保護し、エンドツーエンドの暗号化を使用してユーザーの通信情報を盗みません。この機能は、ユーザーが簡単にチャットするための安全な通信環境を提供します。

⭐バイオメトリック識別

バイオメトリック識別と人工知能は、IDカードやパスポートの情報を収集せずにユーザーを識別するのに役立ちます。

⭐モバイルLBS

コインミート 仮想通貨  COINMEET

このプラットフォームは、ロケーションベースのサービスを通じて、ローカライズされた、社会化された、風景のサービスを提供します。この機能は、宝のゲームを実現するのに役立ちます。OTC交換、他者との友人やお金の支払い。

CoinMeetどのように機能するのか?

以下少し難しい説明になります。

使用してCoinmeet、ユーザーは、個人とビジネスレベルの両方を満たすと対話することができます彼らのソーシャル・メディア・グループのためにすることができます。

ここでメンバーは、自分たちの資産に特有の流通経路を思いついています。彼らはまた、さまざまなデジタル資産に対する受け入れ可能な報酬と費用を決定し、その代わりに、株主持分に応じて賞与を得る。

さらに、プラットフォームは、エンドツーエンドの会話の暗号化を保証するためにチャット保護機能の使用を採用すると主張しています。これにより、プラットフォーム上のユーザーは安全なプライベートチャットに参加できます。スクリーンショット通知は、不要なパーティーへの暴露を避けるために、読者がメッセージにすばやく返信することを保証します。また、スクリーンショットの通知を記録するなど、より多くのチャット保護機能が用意されています。

プラットフォーム上のユーザーの真正性を保証するために、Coinmeetはブロックチェーン技術上の人工知能を利用して、各ユーザーのデータ情報を格納します。指紋、声紋、顔の特徴、その他のアイデンティティの重要な特徴などの詳細は、システムのデジタルパスポートとして機能するユーザの記録を維持するのに役立ちます。システムがなぜパスポートや身分証明書の情報も必要としない理由。

したがって、システムにアクセスするには、メンバーは100%の検証プロセスに合格する必要があります。

Coinmeetプラットフォームは、物理的な場所に応じてユーザーを分類するのに役立ちます。これにより、ユーザーは、宝物ゲーム、OTC交換、支払い、友好目的のために同意した個人との会合を通して、近くの他の人々と交流することができます。この機能を使用すると、資産が所与の地域に限定されている個人にとって、プラットフォームが有利になります。

さらに、Coinmeetプラットフォームでのクロスチェインアダプター技術の使用により、さまざまなデジタルアシストを変換するために必要なサポートがユーザに提供されます。このような側面は、特定のニーズに固有のCoinmeetアドレスを使用することで実現できます。

 

CoinMeet (MEET)ロードマップ

2017年にCoinMeetプラットフォームが立ち上げられ、設計プロトタイプ、ベータリリース現在まで発表されています。

Huobi100倍銘柄 CoinMeet ロードマップ

今後のロードマップについて

  • 2018年6月 バイオメトリックモジュールのテスト
  • 2018年9月 クロスチェーンのオンラインテスト
  • 2018年10月 製品のリリース
  • 2018年12月 ユーザー数を2000万に増やす

 

上記が今年のロードマップになりますが、10月に製品リリースを行う予定となっており、ユーザー数を2000万にすると記載されています。

もし、2000万人達成すればすごいと思います!そしてそれをCoinmeetは掲げています!

今現在の世界の取引所Binanceで同じ人数くらいではないでしょうか?

掲げすぎ感ありすぎー。。w

 

CoinMeet (MEET)価格について

Huobi CoinMeet (MEET)とは? 価格推移 将来性

直近では、10月の製品リリースが大きなイベントにはなりそうですが、6月のモジュールテストにも注目です。

理由としては、唯一取り扱っているHuobiが今年3月から、登録数、出来高が急激に増えており2倍近くに上昇しています。

6月モジュールテストの時点で、Huobiの出来高が活発であれば自然と価格は上がるでしょう!

 

Huobi100倍銘柄 CoinMeet (MEET)とは? 将来性

 

Huobi100倍銘柄 CoinMeet (MEET)とは?

Coinmeetは技術的に進歩したCryptocurrencyプラットフォームであり、デジタル対応の暗号資産ユーザーに重点を置いています。

プラットフォームは、ユーザーにビジネスと個人的なニーズを満たす多目的プラットフォームを提供することが出来ると思います。

ウォレットのアクセス、ソーシャルメディアの相互作用から通貨の流通まで、プラットフォームは有望でクロスチェーンは今後重要になりますから期待はできます。

しかし、クロスチェーンのプロジェクトと競合関係にあるため、利用者を拡大出来るかが肝です。

 

ロードマップでは今年の利用者目標が2000万人と記載されており、実現は個人的には難しいのでは無いかと思う部分はありますが、他プロジェクトのロードマップよりペースが早いので意気込みは感じます。

今年が勝負の年になりそうですから、購入を検討しても良いかと思います。先ほど申し上げた通り短期的には、6月、10月の開発の進捗がロードマップと伴っているかで信用できるかの判断基準になります。ロードマップ通り進行されているようでしたら、そのタイミングで購入しても良いかなと思います。

購入タイミング

  • Huobi取引所の出来高が伴っている。(出来高が少ないとHuobiのみの取扱銘柄の希少性は出ない)
  • 短期の場合、ロードマップのイベント前(6月、8月、10月、12月)に購入する。
  • 長期保有の場合は、6月、8月のロードマップ進捗が行われている事を確認してから以降のイベントに期待する。

 

正直今の段階では、Huobi次第かなという印象です。クロスチェーンは、重要なプロジェクトですが、長期的にみると今の段階では判断が付きにくいのが私の正直な印象です。

 

Huobiの出来高に伴い短期ではこの銘柄は伸びるでしょうから、その間に名前を売る事が出来るかどうかが、長期投資銘柄になるかの必要な第一歩になるかな。

クリプトおかま

どうだったかしら?🖤

前回記載していたWICCもブログにアップしてから高騰してるからHuobi銘柄は有力よ。

このCoinmeetも「まだまだ注目されている銘柄である」とは言えない為、他の取引所に上場する前に!注目される前に仕込んでおくのよ!

そう!仕込むの!!なんか、イヤラしく聞こえるわね🖤 見てくれてありがとうだわ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください